夫に利用明細がバレない楽天カード

私は専業主婦なのでどんなクレジットカードも作成できるというわけではありません。その中で専業主婦の私でも作れて、その上夫にも利用明細がばれないということで、メインのクレジットカードは楽天カードになっています。

楽天カードを作る前から、私は頻繁に楽天市場を利用していたので、どうせならポイントもたまる楽天カードが便利だろうということは以前から思っていました。

また楽天カードは新規入会特典で5000~8000ポイントがもらえるので、楽天市場ユーザーの人なら作らないと損だと思います。

私はこの新規入会特典ポイントが8000ポイントの時をねらって入会したので、かなりお得でした。

そのほかにも楽天カードは年会費が無料というのも、専業主婦の私が入会した理由の一つです。初年度無料などのクレジットカードをよくみかけますが、塵も積もれば…というように翌年から毎年年会費が必要になるとせっかくついたポイントの意味がなくなってしまいます。その点楽天カードは永年年会費が無料ですから万が一クレジットカードを全く使わない場合でも無駄な出費はありません。

楽天市場でカードを利用した場合、最大20倍のポイントがつくというのも魅力の一つだと思っています。通常でも2倍のポイントがつきますから、普段の買い物を楽天市場でするだけで、我が家では毎月3000ポイントほど勝手にたまっています。

そのポイントで買い物をしてまたポイントがついてというように好循環となっていますから、楽天市場を頻繁に利用しているという人には特におすすめのクレジットカードです。

そして私が楽天カードに決めた1番の理由が、夫に利用明細がばれないというところにあります。私の夫は結構お金に細かく、私が買ってきたものなどを細かくチェックして、これはどこで買ったんだ、どこにそんなお金があるんだと聞いてきます。もちろん私は専業主婦なので夫の収入で自分の服などを買っていますから、文句はいえませんが、お買い得な商品を見つけてポチっとするのがストレス発散になっているので楽天市場での買い物をやめることができません。

楽天カードは基本は利用明細が郵送されませんから、有料で郵送に希望しない限りは夫に利用明細がばれる危険性はありません。

三井住友VISAカードから三菱東京UFJ VISAカードへ。

私は学生時代から使用していたクレジットカードがありました。それは、ただの三井住友VISAカードです。他に何も付いてるわけではないのですが、社会人になってからもそれをずっと使い続けていました。

しかし、仕事の関係で給料の口座が三菱UFJ銀行ではいけなくなり、口座を持っていなかったので作ることになりました。そのときに窓口の人の勧誘で三菱UFJ銀行VISAカードを作りました。勧められるがまま作ったので、カードの使い勝手やポイントの貯まりやすさなどは全く比較しませんでした。

給料が入ってくる口座も変更になったことで、今までメインに使っていたクレジットカードでは引き落としのたびに、引き落とし口座に入金する必要があったため、自然と三菱UFJ銀行VISAカードの方を使うようになりました。

今までポイントは気にしたことがなかったのですが、ふと以前使っていた三井住友VISAカードのポイントを見たら結構貯まっていたので交換することにしました。景品のカタログを見たのですが欲しいものがなく、nanacoカードのポイントに替えました。

そのとき、nanacoカードのポイントのキャンペーンをやっており、通常1ポイントが0.3nanacoポイントになるところ、0.5nanacoポイントになるからでした。それが1番交換率と使い勝手が良かったからです。

しかし、現在メインで使用している三菱東京UFJ VISAカードは、通常のときでも1ポイントが0.5円で交換できるので気に入っています。以前のカードは、1ポイントは0.3円での交換でした。

現金が1番使い勝手が良いので、現金への交換率が高いのは私にとってありがたいです。ただ、三菱UFJ銀行 VISAカードでは、現金以外に交換したことがないので、他の電子マネーへのポイントに交換する場合は比較していません。

ポイントの貯まりやすさは、私が使用した感想ではどちらも同じでした。ただ、三井住友VISAカードでは、特定の店舗で買い物をするもポイントがアップすることがありましたが、私が普段使用する店舗があまりなかったため関係ありませんでした。

あちこち行くのが好きな人にはJCB CARD EXTAGEが良い。

あちこち行くのが好きな人に。無料でどんな場面でも使える旅人カードです。

まずは年会費。入会後は5年間無料で使えます。その後も公共料金や携帯料金をカード払いにすればずっと無料で使えます。これらの料金は生活するのに必ず発生するものなので、書類ひとつを書くだけで手続きもでき、とても簡単で年会費無料の条件をクリアすることができます。

また、現金とは違うカードの魅力といえば、使えば使うほど、ポイント還元されること。より多くのポイントを貯めるには、できるだけ日々の支払いをクレジット払いにまとめていくことがコツです。例えば小腹が空いたらちょっとしたおやつをコンビニで買ったり、仕事の帰り道にビールとおつまみを近所で買うなど、細々とした支払いも1ヶ月も続ければ立派な数千〜数万円の立派な支出。

こういったちょっとした支払いに便利なのが、QUICPay。これを申し込むと、一枚のカードが発行され、会計時、電子マネーと同じようにタッチするだけでクレジットカード決済が完了します。サインや暗証番号の入力が必要なクレジットにくらべて、手間が少なく急いでいる時にも便利に使えます。このカードは無料で申し込みができるので作らない手はありません。そのほか無料発行できるものとしてはETCカードがあります。

私は旅行が好きなのですが、よく「JCBはVISAなどにくらべて海外で使えないから不便!」と言われますが、近頃は使えるところが増えているよう。ヨーロッパで使えた時は少し驚きました。あとは、人気のハワイなら、殆どどこでも使えます。しかも、ハワイでの決済はポイント2倍!カードを持っていればトロリーに無料で乗れるサービスなどもあります。

そのほか、旅行で役立つサービスといえば、旅行保険の機能。旅行代金をカードで支払えば自動的に最高2000万円の保証が受けられる保険に加入できます。

あとは、海外にいくと、スキミング被害を恐れてカードを使うのが怖い!という方もいるかと思いますが、万が一身に覚えのない不正利用があった場合、届出をして60日以内に書類などを提出して内容が認められればお金が返ってきます。

あちこちで便利に使えるこのカードがあれば、出かけるのが楽しくなって、なんだかアクティブになれる気がします。

ポイント還元率の高い楽天カードが凄く便利

私はメインのクレジットカードとして楽天カードを使っています。クレジットカードを選ぶにあたってまず私が見るポイントは、ポイント還元率です。

楽天カードの還元率は他のものと比べてトップレベルだと実感しています。

そもそもどこで知ったのかというと、ネットで楽天カードを発行するだけで、計8000ポイント(8000円分の楽天ポイント)を貰えるというキャンペーンをしていたので目にとまりました。他にも色々なキャンペーンをやっていて、楽天が提供するサービスを初めて利用したり、登録するだけでポイントが貰えるという案件がたくさんあります。

さらに調べていくうちに、楽天市場で使うと当時で10%以上ものポイントが還元されるという内容。楽天加盟店(エネオスやサカイ引越しセンターなど)で利用すれば、さらに還元率が2倍以上に上がります。

さらに、カードを使えば使うほど楽天会員でのグレードが、シルバー→ゴールド→プラチナ→ダイアモンドへと昇格していき、よりお得な内容にパワーアップします。実際に私は楽天カードしかメインで使わず、今までの楽天市場での買い物、カードが使えるリアルの店舗での会計は全て楽天カードで決済するようにしていて、だいたい月に5万円ほど、時には15万くらい使ってみたりと、普通に生活をしているだけでも、気付いた時にはプラチナ会員になっていていました。

ちなみに来月はダイアモンドクラス突入です。そして会員制のゴールドカードにも登録しました。年会費として2000円ほど取られますが、カードを使えば全ての買い物でポイント還元が5%になります。もう最大限に使い倒すつもりです。笑

溜まった楽天ポイントは電子マネーとしても使えます。それも何と、1円単位から無駄なく使えます。楽天Edyでチャージ、楽天市場、加盟店のリアル店舗での決済も、ポイントでできます。とても使いやすく流動性抜群のシステムとなってます。

カードを登録した当時は、他のカードと比べていなかったのですが、今思えば楽天カードにしておいて良かったと思うくらい、とにかくポイント還元率が高く、とても便利でユーザーに優しいカードだと思います。

ショッピングサイトで頻繁に買い物しているので楽天カードのポイント還元率が嬉しい

私がクレジットカードを利用するのは、主にインターネット通販で買い物をする時です。楽天カードを作ったのも頻繁に楽天系のショッピングサイトを利用していたことと、登録しておけば支払いが簡単だということが理由でしたが、何よりもポイント獲得効率がグンとアップしたことで作ってよかったと非常に満足しています。何せ、楽天カードを作るだけで5,000円、キャンペーン時なら8,000円ほどの楽天スーパーポイントがもらえるだけではなく、Edyも貯められるように手続きをしておけばそれだけで500円分のポイントをもらうことができるのです。しかも年会費は永久無料、ただ申し込んでカードを作るだけで、1ポイント1円で利用できるポイントが加算されるのですから、カード作成を思い立ってから躊躇はありませんでした。

私は日用品から本やCD、食べものから家具に至るまで、あらゆるものをよく楽天のサイトで購入しています。通常の買い物なら1%ですが、楽天カードを使って支払いをするたびにポイントが3%還元されますし、スーパーポイントアップの利用でアプリを経由する、楽天市場以外に楽天ブックスや楽天Koboなどで一定料金以上の買い物をすることなどで、さらに5%、10%と還元率がアップしていくお得ぶりです。今までどうして楽天カードを作って利用しなかったのかと、カードを使って買い物をする前の購入履歴を見直しては後悔しています。普段のお店での会計時に利用することはあまりないのですが、付帯しているEdy機能がありますので、コンビニに行った時など小銭代わりにサッと出して会計できるのも便利です。

文字通り、大げさでもなく楽天系のショッピングサイトで買い物をする時に利用することで、ザクザクポイントが貯まっていきます。気がついたら数千円分にはなっていますし、欲しかったものが割引で買えるというのは嬉しいものです。最近ではドコモの携帯料金も楽天カードで支払いができるようになったので、設定してますます効率よくポイントが貯まるようになりました。

OricoCard THE POINTがお得な理由

私は、メインのクレジットカードにOricoCard THE POINTを使用しています。

このクレジットカード最大の魅力は、年会費無料なところです。

年会費無料と聞くと、ポイント還元率が低いのではないか、特典があまりないのではないか、と思う方が多いと思いますが、そんなことありません。

まず、ポイント還元率ですが、1%です。1%といっても、100円で1ポイントです。よく、同じ1%といっても1000円で10ポイントのところがあります。

これは、999円だったとしても0ポイントです。このようなワナが多い中、OricoCard THE POINTは、100円で1ポイントという、高還元率です。

しかも、1回のお買い物につきではなく、1カ月のお買い物金額にポイントがつくため、端数切り落としによる損が非常に少ないところもポイントです。

また、ネットショッピングでは、オリコモールを介してお買い物をするだけで、0.5~10%(時期、キャンペーン等により異なる)ほどポイントがアップします。そのため、非常にポイントがたまりやすいです。

さらに、たまったポイントはいろいろな交換方法があります。ナナコやTポイント、ワオンといった有名電子マネーはほぼ網羅しているため、交換したい商品がなかったという失敗がありません。

クレジットカードとしての機能だけではなく、クイックペイとIDの電子マネー機能がついています。もちろん、クレジット引き落としなのでポイントも付きます。少額だけどポイントをつけたい、でもクレジット払いはと躊躇する場面でも、気軽に使用できます。

また、オリコモールというオリコカードの人が使える、ポイントをためたり、請求額を詳細に確認したり、上限金額の設定を変えたりと、非常に役立つサイトがあります。クレジットカードについてわからないことがあっても、このサイトをみるだけで、ほぼ解決します。このサイトでポイントを商品に交換も簡単にすることができます。

このように、クレジットカードでお得にポイントを貯めたく、いろいろなシーンでポイントをためれるので、私はこのカードをメインに使用しています。

楽天カードをこれからもずっと使っていきたいと思ったのはどうしてか?

私はこれまでにいくつかクレジットカードを使ってきたのですが最終的にメインのクレジットカードに決めたのは楽天カードでした。それ以前にはイオンカードをメインのクレジットカードにしていたのですが思ったよりもお得度がないと思ったからでした。

最初はせっかくイオンカードを作ったのでこれを使ってイオンで日用品の買い物に使っていたのですがこれを使って買い物をしてポイントを貯めてもポイントの使い道が限られていてあまりお得に感じなかったというのがありました。

またお得にポイントが貯まる時があっても貯まったポイントを貯蓄できないのが良くないと思ったというのも大きかったです。なぜならいくらクレジットカードを使ってポイントを貯めやすいと言ってもそれをずっと貯めておけないのがネックだと思ったというのがあります。

それで普通にずっとポイントを貯めておけるクレジットカードがないか探していたら見つけたのが楽天カードでした。これが良いと思ったのはこれも年会費無料で持てるクレジットカードでありながらカードを使ってポイントを貯めている限りポイントの有効期限が伸びるのが良いと思ったというのがありました。

またポイントの有効期限をずっと伸ばせる事以上に貯まったポイントを使って楽天市場で買い物ができるのが良いと思いました。

これなら貯まったポイントを好きなタイミングで欲しい物の買い物に使えるのが良いと思いました。なので日用品の買い物で楽天カードを使って買い物をする事で知らない間にポイントがたくさん貯まっていたという状況になってちょうど欲しい物を買いたい物があった時にポイントを使って買い物ができたのが良かったです。

なのでメインのクレジットカードはポイントを貯めても知らない間に失効してしまうイオンカードでなくポイント還元率はあまり高くないですがポイントを失効させずに貯める事ができる楽天カードをメインのクレジットカードとして使っていきたいと思っています。

ANAカードから楽天カードにメインカードを変えた理由

楽天カードをメインのクレジットカードとして使っています。

以前、今よりもっと大きな買い物が多かった時には、ANAの三井住友VISAカードを利用してマイルを貯めていました。年会費の他に、マイル交換レートを高くするための費用を払えば100円で1マイル貯まるANAのVISAカード。年間たくさん買い物する場合には、この費用を払っていてもお得感がありました。

オフシーズンには12,000マイルで東京と札幌往復の無料航空券がもらえます。この航路は通常料金で往復3万円以上します。それを考えると、100円で2~3円貯まるのと同じ価値があります。手数料を考えても1年に1往復分以上貯まればお得に感じました。

しかし、結婚して主婦になった今、年間にクレジットカードで支払う額が減ってしまいました。そうなると、数年に1往復分しか貯まりません。年会費とマイル換算費用分が逆に赤字になってしまいます。

そこで、楽天カードをメインに使うことにしました。理由は何と言っても、ポイントの貯まりやすさと使いやすさです。

楽天カードを使って通常貯まるポイントは100円で1ポイントです。これは、他のカードに比べて特にお得というわけではありません。しかし、楽天でこのカードを利用すると、様々なボーナスポイントがつきます。また、マクドナルドやドラッグストアなど街中のちょっとした買い物でも、クレジットカード利用分以外にもポイントが貯まります。これらの全体のポイントを集めると、以前ほど買い物をしていなくても1年つかえば、結構なポイント数が集まります。

ポイントを使うのも楽天カードの楽天ポイントは便利です。クレジットカードのポイントは、集めたのはいいけど、ポイント数が少なくて使い道が無いということが今までにありました。

しかし、楽天は楽天市場や楽天トラベルなど使える店舗と対象商品が多くポイント利用に困ることがありません。また、最近は先ほど街中の店舗との提携も進んでいます。マクドナルドやドラッグストアなど、ちょっとした買い物で1円から使えるのでムダがありません。

ちなみに、私はANAのマイルに変えようと貯めています。2ポイント1円なので、以前ANAカードで手数料を支払って交換していた時ほどお得ではなくなりました。でも、楽天カードは無料です。しかも、ポイントの有効期限がありません。なので、マイルの有効期限を気にせずゆっくり貯めて旅行に行くことができます。

もちろん、もっとお得なカードはあります。しかし私のような主婦の方や、あまりカードをたくさん使わないという方は楽天カードがおすすめです。是非、検討してみてはいかがでしょうか。

資料サイト クレジットカードのおすすめが超わかる【クレカ流星群】

りそなカード《セゾン》は私の毎日の生活に寄り添ったメインで使うカードです

私が初めてクレジットカードを持つことを考えたのは大学生の頃です。

当時りそな銀行でクレジットカード入会キャンペーンをやっており、それに応募したのが縁でキャッシュカード一体型のりそなカードを利用し続けています。

その後、いろいろなクレジットカードについて知識を得る機会があったのですが、りそなカードが私の日常の生活に最も密着していて、このカードをメインに使っています。

りそなカードをメインに使っている理由は、キャッシュカードと一体化しているので光熱費や通信費の入金も、給与の引き出しも、お店での買い物の支払いも全てこの1枚で完結し、財布もスッキリしてお金の管理がしやすくなるからです。

また、近所のスーパー西友では毎月5日と20日りそなカードで買い物すると5%オフになり、 1回の買い物でだいたい2万円ほど使うので1,000円浮き、家計の助けになります。

私はインターネットで健康食品を購入することが多いのですが、「りそなPOINTダッシュ」を活用すれば通常の10倍以上ものポイントを得ることができ、公共料金の支払いと合わせてポイント稼ぎの柱となっています。

貯まったポイントはアイテムに変えたり、支払いの多い月などは請求金額に充当できるので有効利用しています。

そして長期的に考えて、りそなカードでのクレジットヒストリーを積み重ねておけば将来家を買う時などの大きなローンを組むときに、優遇されるという期待もあります。

頭金をどれくらい用意できるかわからないので、ローンしなければならない金額が多くても審査に通ることができるよう、努力をコツコツと続けていきたいと思います。

クレジットカードを使うようになってから、いかにお金を賢く使うかということを意識し始めたように思います。

銀行系のクレジットカードは社会的に信用度が高いそうです。

そのステータスがどのような場面で役に立つのかはわかりませんが、毎日の生活でもはやなくてはならない存在になっているりそなカードをこれからも使っていきたいと思います。