りそなカード《セゾン》は私の毎日の生活に寄り添ったメインで使うカードです

私が初めてクレジットカードを持つことを考えたのは大学生の頃です。

当時りそな銀行でクレジットカード入会キャンペーンをやっており、それに応募したのが縁でキャッシュカード一体型のりそなカードを利用し続けています。

その後、いろいろなクレジットカードについて知識を得る機会があったのですが、りそなカードが私の日常の生活に最も密着していて、このカードをメインに使っています。

りそなカードをメインに使っている理由は、キャッシュカードと一体化しているので光熱費や通信費の入金も、給与の引き出しも、お店での買い物の支払いも全てこの1枚で完結し、財布もスッキリしてお金の管理がしやすくなるからです。

また、近所のスーパー西友では毎月5日と20日りそなカードで買い物すると5%オフになり、 1回の買い物でだいたい2万円ほど使うので1,000円浮き、家計の助けになります。

私はインターネットで健康食品を購入することが多いのですが、「りそなPOINTダッシュ」を活用すれば通常の10倍以上ものポイントを得ることができ、公共料金の支払いと合わせてポイント稼ぎの柱となっています。

貯まったポイントはアイテムに変えたり、支払いの多い月などは請求金額に充当できるので有効利用しています。

そして長期的に考えて、りそなカードでのクレジットヒストリーを積み重ねておけば将来家を買う時などの大きなローンを組むときに、優遇されるという期待もあります。

頭金をどれくらい用意できるかわからないので、ローンしなければならない金額が多くても審査に通ることができるよう、努力をコツコツと続けていきたいと思います。

クレジットカードを使うようになってから、いかにお金を賢く使うかということを意識し始めたように思います。

銀行系のクレジットカードは社会的に信用度が高いそうです。

そのステータスがどのような場面で役に立つのかはわかりませんが、毎日の生活でもはやなくてはならない存在になっているりそなカードをこれからも使っていきたいと思います。